願いごと手帖の始め方と基本的な書き方について

sponsored link

願いごと手帖

願いごと手帖の書き始めかた、
基本的な書き方をまとめてみます。

 

準備するもの

願いごと手帖を始めるために準備するものは2つ。

手帖とペン

これだけです。

 

手帖の選び方について、
「願いごと手帖の作り方」著者のももせさんは

”お気に入りで長く使えそうな手帖”としており、
気に入ったものを、特別なものとして買いに行ったり
用意したりすることを推奨しています。

本の中では、どこかのノートの隅や
スケジュール帳の余白で代用しないように、

いろんな体験談を読んでいると、
チラシの裏でも叶うみたいですw

ペンについては、3色ボールペンを使用して
願いごとを黒で書き込み、
かなったことについては赤でマルをつけ、
コメントを書き込む、としています。

これも、何色のどんなペンで書いてもいいし、
かなった願いにシールを貼ったり、
スタンプを押してもいいと思います★

 

願いごとの書き方

では、早速願いごとを書いていきましょう!

願いごとは、大きなものや小さなもの、
不可能可能など考えずに、どんなことでも書いてOK!

美味しいご飯をおごってもらえる!とか
会社で昇進してお給料が上がる!などから

世界が平和になる!というような
とんでもなく大きなお願いまで

なんでも書いてOKです!

もちろん、恋愛成就や復縁のお願いを書いてもOK

ただし、誰かが不幸になったり
つらい目に合ったりしてほしい!という
人を陥れる、不幸にするようなお願いを書いてはいけません。

願いごと手帖は、見て気分の良くなるように書くものなので
あくまで「こうなったら素敵、楽しい」というお願いを書くようにしましょう。

 

願いごと手帖の書き方のルール

願いごと手帖にお願いを書くときの
基本ルールを書いてみます。

  • 正直にお願いごとを書く
  • かなってほしい状況を書く
    ※現状の、叶っていない状況を書かない
  • 書いていて、読んで気持ち良い単語で書く

基本ルールとしては、こんな感じかな?と思います。

正直に、と言うのは例えば

本当は優勝したいけど、
無理だと思うから10位って書こう

というように、お願いを調節しないで
正直に『優勝』と書くこと。

かなってほしい状況を書く、というのは例えば、

『借金がなくなりますように』と書くのではなく、
『いつでもお金に余裕があって嬉しいです!』と書くこと。

『借金』と書いてしまうと、
ノートに『借金』という文字が載ってしまうし、
見るたびに借金のことに気持ちが行ってしまいます。

『いつでもお金に余裕があって嬉しい♪』と書くと、
お金に余裕があることに気持ちが向くので、
楽しい気分で読むことが出来ます。

この、『読んでいて楽しい気持ちになるように書く』というのが
一番重要なのかもしれませんね。

 

もうひとつ、書き方のルール(物理)として大切なのは、
一つ一つのお願いに、数行の余白を開けること。

これで、お願いがかなったときに、
マルをつけたりコメントを書いたりすることが
できるようになります。

叶わなかった願い、
もう叶わなくても良くなった願いは
2重線で消してしまえばOK

一回諦めて、2重線で消したお願いでも、
ずっと後になって見返すとかなっていることもあるのが
手帖の楽しみでもありますねw

 

このページでは、最初の入り方として
ごく基本的な書き方をまとめてみました。

よりお願いが叶いやすくなるような書き方のコツや、
特定のジャンルの願いを叶えるための書き方については、
また別途記事にしていきたいと思います!



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




サブコンテンツ

このページの先頭へ